2012年3月9日金曜日

CentOS 6.2 に Python 2.7.2をインストールする

CentOS 6.2にyumで入っているPythonのバージョンが2.6.6で少し古いので,2.7.2に更新する.
(2015/3/21追記 Python3.4のインストールはこちら)

1.インストールに必要なものをインストール
$ sudo yum install zlib zlib-devel tk-devel tcl-devel sqlite-devel ncurses-devel gdbm-devel readline-devel bzip2-devel db4-devel openssl-devel
  (2012/12/31 openssl-devel追記)

2.Pythonをダウンロードして解凍する
$ wget http://python.org/ftp/python/2.7.2/Python-2.7.2.tgz
$ tar zxvf Python-2.7.2.tgz

3.インストール
$ ./configure --with-threads --enable-shared
 #CentOSのPythonを残す場合には,--prefixオプションを付けて
 #インストール先を指定してください.(2012/12/31追記)
 # ./configure --with-threads --enable-shared --prefix=/usr/local
$ make
  ここで_SSLのモジュールが無いと言われていたら,3.1を実施後に3.を再実行する.
  それ以外のモジュールは下記参照で,必要であればインストールして3.を再実行.
 http://www.kelvinwong.ca/2010/08/02/python-2-7-on-dreamhost/

 3.1 ./Module/Setupををコメントアウトを外し,編集する.

     SSL=/usr
     _ssl _ssl.c \
     -DUSE_SSL -I$(SSL)/include -I$(SSL)/include/openssl \
     -L$(SSL)/lib -lssl -lcrypto
    (2012/12/31追記)

$ sudo make install

4.エラー対策(x86_64の場合)
ここで,実行すると
python: error while loading shared libraries: libpython2.7.so.1.0: cannot open shared object file: No such file or directory
とエラーで動かない.コンパイルはされているので,シンボリックを貼る
$ ln -s /usr/local/lib/libpython2.7.so.1.0 /lib64/

5.確認
$ python
Python 2.7.2と表示されれば成功

参考
http://d.hatena.ne.jp/paraches/20110421
http://d.hatena.ne.jp/takayuki_goto/20110714/p1
http://d.hatena.ne.jp/shrkw/20110124/1295851744
http://masabossa.typepad.jp/microblog/2011/06/python-26%E3%81%A7ssl%E3%82%92%E6%9C%89%E5%8A%B9%E5%8C%96%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AEpython%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AB%E6%89%8B%E9%A0%86.html

2012年3月8日木曜日

Apache 2.4.1をCentOS 6.2にインストールする

Apache 2.4.1をCentOS 6.2にインストールした時の,作業まとめ.

※2012/03/28 Apacheの設定ファイルパスが間違っていたため修正

1.コンパイルに必要なものをインストールする
$ sudo yum install gcc make  pcre pcre-devel openssl openssl-devel

2.ApacheのサイトからApache2.4をダウンロード・解凍する
$ wget http://ftp.meisei-u.ac.jp/mirror/apache/dist//httpd/httpd-2.4.1.tar.gz
$ tar zxvf httpd-2.4.1.tar.gz

3.Apacheのコンパイルに必要な「apr」と「apr-util」を,解凍したApacheの「srclib」フォルダにダウンロード・解凍する.
$ cd ./httpd-2.4.1/srclib/
$ wget http://ftp.kddilabs.jp/infosystems/apache//apr/apr-1.4.6.tar.gz
$ wget http://ftp.kddilabs.jp/infosystems/apache//apr/apr-util-1.4.1.tar.gz
$ tar zxvf apr-1.4.6.tar.gz
$ tar zxvf apr-util-1.4.1.tar.gz
$ mv ./apr-1.4.6/ ./apr/
$ mv ./apr-util-1.4.1/ ./apr-util/

4.Apatchのコンパイル・インストール
$ cd ../   (※httpd-2.4.1のルートフォルダに戻る)
$ ./configure --enable-so --enable-ssl --enable-rewrite --with-included-apr
(※前からDSO対応,SLL対応,mod_rwrite対応,Aprは./srclib/を使用)
  基本モジュールをすべて含む場合は下記のとおり.
  $./configure --enable-so --enable-ssl --enable-mods-shared=all --with-included-apr
    (2013/01/02追記)

$ make
$ sudo make install

5.自動起動スクリプトを登録する
$ sudo install -m755 ./build/rpm/httpd.init /etc/init.d/httpd
$ sudo cp ~/httpd-2.4.3/build/rpm/httpd.init /etc/rc.d/init.d/httpd  (2013/01/02修正)
$ sudo nano /etc/init.d/httpd

  • 43行目:prog=httpd
  • 45行目:if [ -f /etc/sysconfig/httpd ]; then
  • 46行目:        . /etc/sysconfig/httpd
  • 60行目:httpd=${HTTPD-/usr/local/apache2/bin/httpd}
  • 61行目:pidfile=${PIDFILE-/usr/local/apache2/logs/httpd.pid}
  • 62行目:lockfile=${LOCKFILE-/var/lock/subsys/httpd}
  • 67行目:CONFFILE=/usr/local/apache2/conf/httpd.conf


6.起動時に自動的に起動するように設定
$ chkconfig --add httpd
$ chkconfig httpd on

7.起動するかの確認をおこなう
$ service httpd start

$ service httpd stop

8.誤>/etc/httpd/conf/httpd.conf
正>/usr/local/apache2/conf/httpd.confを設定する

<service httpd stopが失敗する場合> (2013/01/02追記)
PIDファイルの出力先が/etc/init.d/httpdと異なっていると,失敗する模様.
下記のを修正する.
$ sudo nano /usr/local/apache2/conf/httpd.conf

  • Include conf/extra/httpd-mpm.conf のコメントアウトを外す.


$ /usr/local/apache2/conf/extra/httpd-mpm.conf

  • PidFile "/usr/local/apache2/logs/httpd.pid"  を修正する.


 参考
http://codenote.net/centos/139.html
http://satospo.sakura.ne.jp/blog_archives/tech/apache/centos6_apache241.html
http://rina.jpn.ph/rance/index.php?Apache2.2.4%20インストール
http://www.lovebug.jp/index.php?Apache%2F2.x%2F2.4.1%A4%CE%A5%A4%A5%F3%A5%B9%A5%C8%A1%BC%A5%EB
http://www.abetake.com/index.php?Apache%202.2.21

2012年3月7日水曜日

ドメイン名を決めるのに便利なサイト

ドメイン名を決めるのに,参考にしたサイトを紹介します.

ドメイン名のアイディアを考えるのに参考にしたのは


ドメインじゃなくて,Webサービスの名前のアイディアだけど,考え方のヒントになるサイト.有名どころのWebサービスがどんな風に名前を決めたのかも分かって,たのしい.

でも,どうしてもドメイン名が思いつかなかったので,ドメイン名を生成してくれるサイトをつかってみました.ドメイン名を生成してくれるサイトをまとめた
に紹介されているサイトの中で,便利だったのは





Bust A Name自分がドメイン名に使いたい単語をいくつか入力すると,それらを組み合わせたドメインを生成してくれるサービス.使い単語も,入力されたものから連想される単語も表示され,候補に追加することができる.特に便利なのが,生成されるドメインの見やすさで,候補を並べてくれる機能は便利.

Dot-O-Matorも,単語からドメインを生成してくれる.Bust A Nameと違う点は,あらかじめジャンルごとにプリセットされた値があること.

どうしても単語が思いつかないときは,Dot-O-Matorで単語の候補を見つけて,Bust A Nameに登録して,ドメインを決めるのがおすすめ.Bust A Nameの見やすさで読みやすさで,並べてくれるのは便利すぎる.やっぱりドメインも見やすくないといけないしね.

ドメインを決めるときの参考になれば嬉しいです.