2012年1月6日金曜日

Zabbix1.6.9をCentOSに入れる

前に書いて公開してなかったので、ちょっと古い気もするけど(;´Д`)

サーバーが増えてきたので一括で管理したくなったし、面白そうなのでZabbixを入れてみることにした。

参考サイトは以下のとおり。
        Server World:ZABIIX-インストール
        だいたいおっけぇ:CentOS 5にZabbixをインストールする方法

今回はほとんど同じなので、相違点だけ。

・インストールは zabbix-server も一緒に入れること。

・SQLに読み込ませるデータの場所は、「/usr/share/doc/zabbix-server-1.6.9/」の中にある。schemaとdataのディレクトリがそのままあります。(Server Worldさんのとこでは/zabbix-server-x.x.x/dbinit/の中にあるけど。

・SQLの追加はものすごく時間かかかります。気長に待ちましょう(SQL追加の間でこれを書いてるけど、待ってる間に書き終わりましたw)。


・Zabbixの起動で、/etc/rc.d/init.d/zabbix start ではなく /etc/rc.d/init.d/zabbix-server start に変更になってます。


・Zabbixのログインは「admin」パスワード「zabbix」です(公式サイトより)。

0 件のコメント:

コメントを投稿