2011年3月19日土曜日

CentOS 5.5のsudoを使えるようにする

Ubuntuを使ってるので、気がつくと「sudo yum check-update」って打ってる(笑)
さすがに不便だし、セキュリティ的にも毎回Rootのパスワードを打つっていうのもイヤなので、sudoの設定をします。

例によって、参考サイトをまとめただけですが。
        日々のメモ:CentOS:sudo を設定する
        俺の作業ログ :sudo時のPATH(CentOS5.5)

まず、sudoがインストールされているか確認。
       yum install 〜 でも良いけど、面白くないので。
       sudo yum check-update で「あなたはsudoに登録されてないよ〜」って言われればOK。

次に、実際に登録します。管理者権限に昇格して作業をします。
そのまえに、「vi」を使って編集するので、使い方が分からない人は、先に調べておきましょう。間違って編集すると大変なので(汗)

        visudo でsudoの設定ファイルを編集します。
※PATHが通ってなかったようなら「/usr/sbin/visudo」で。

        似てる行が上下に並んでいるので、間違えないように!編集するのは「wheel」グループを許可する方です(上側)

## Allows people in group wheel to run all commands
# %wheel  ALL=(ALL)       ALL                  # 先頭の「#」を削除

## Same thing without a password
# %wheel        ALL=(ALL)       NOPASSWD: ALL


これで保存すればsudoで昇格できますが、このままだとPATHが何一つ通ってないです(私の環境では)。

そのために、次に同じファイルの別の部分を書き換えます。

# Disable "ssh hostname sudo <cmd>", because it will show the password in clear.
#         You have to run "ssh -t hostname sudo <cmd>".
#
Defaults    requiretty

Defaults    env_reset
Defaults    env_keep = "PATH COLORS DISPLAY HOSTNAME HISTSIZE INPUTRC KDEDIR \ ........

という部分の色を変えてある部分を、以下のように書き換えます

Defaults    env_keep +="PATH"

これで保存をすれば、昇格も出来て、PATHが通った状態になります。


2011年3月18日金曜日

CetOSのカーネルを2.6.35にアップデート

CnetOSのKVMを使って、OpenIndianaをインストールしようとすると、どうしてもLiveCDのGnomeが起動できない。できてもディスクアクセスが、遅すぎて使い物にならない(インストールで2時間放置したけど進捗が2%から進まなかった)。

きっとQEMU-KVMのバージョンが古いからだ! ってことで、バージョンアップを始めた。しかしYumで提供されている、最新のカーネルは2.6.18-194.32.1.el5で、これだとKVMのVer.0.14が使えない。

そのためKVMを新しいバージョンにするには、CentOSのカーネルも新しくしなければならないことに気がついた。

参考サイトは
garakuta.net:kernel 2.6.37...
Let's Try It!:CentOSに最新カーネルを導入する(カーネル再構築)

まず、参考サイトにあるELRepoを使うための設定。

Get startedのPublic Keyを読み込ませます。(カーネルインストール時に不審な物と思われないため)

          rpm --import http://elrepo.org/RPM-GPG-KEY-elrepo.org

本当は次に、レポジトリを使うためのrpmをインストールするけど、今回はインストールファイルの検索とダウンロードは手動でやるのでパス。

ダウンロードファイルはhttp://elrepo.org/linux/にあります。今回はx86_64を使っているので、その中のkernel/el5/x86_64/RPMSからほしいカーネルをwgetで入手。

とりあえず、そこそこ安定してて新しそうな(?)kernel-ml-2.6.35-11.el5.elrepo.x86_64.rpmにしました。

あとはインストールするだけ。もちろん管理者でおこないます。

         yum localinstall kernel-ml-2.6.35-11.el5.elrepo.x86_64.rpm

あとは再起動すれば、インストールしたカーネルになります。(ちゃんとgrubの画面から手動で選んでください)

カーネルパニックを起こさなければ、grubを書き換えて、起動優先順位が1番にします。

/boot/grub/menu.lst を書き換えます。


default=0                 # <- 0に書き換え
timeout=5
splashimage=(hd0,0)/grub/splash.xpm.gz
hiddenmenu
title CentOS (2.6.35-11.el5.elrepo)
        root (hd0,0)
        kernel /vmlinuz-2.6.35-11.el5.elrepo ro root=/dev/VolGroup00/RootVol rhgb quiet
        initrd /initrd-2.6.35-11.el5.elrepo.img
title CentOS (2.6.18-238.5.1.el5)
        root (hd0,0)
        kernel /vmlinuz-2.6.18-238.5.1.el5 ro root=/dev/VolGroup00/RootVol rhgb quiet
        initrd /initrd-2.6.18-238.5.1.el5.img

一回カーネルのアップデートをした上に、Raidを組んでるので、ちょっと特殊です。。。


カーネルパニックは起こさない物の、起動時にエラー(dm-region-hash.koエラー)を吐きます・・・・・・。特に不具合はないらしいですけど、気持ち悪いので修復します。

修復方法は、参考サイトのgarakuta.net:kernel 2.6.37...のそのままなので載せませんが、「1つ目 dm-region-hash.koのエラー」をやると、ちゃんとエラーは消えました。

同サイトには、それ以外にもエラーが出る見たいですけどカーネルのVer.違いか、今回はそれ以外のエラーはありませんでした。

あとは、OpenIndianaが無事に使えるようになればいいけどなぁ・・・・・・
結果は後ほど。



2011/03/19 追記
OpenIndianaのio_180でインストールした結果、特に特殊な設定はしなくてもインストールが出来ました(^^)/

しかし・・・シャットダウンにしても、Init 0にしても、「Press any key ~ Reboot....」って言われます(笑)
当然何か押すと再起動するので、「Force off」で強制的に最後は切る羽目に・・・・。このときにCPU使用率が100%に張り付いたままになるので、どこかに問題があるはずだけど、詳しくは調べません。

まだio_180は、Developper向けのだからバグがあっても不思議ではないし。安定版が出たら再度検証してみます。

2011年3月16日水曜日

Blogの見やすさ改良

本題に入る前に。

東北地方太平洋沖地震に被災された方に、心よりお見舞いを申し上げます。

今回の地震は、私の友人も青森にいますし、私も東京で地震に遭いました。とても人ごとのように思えないのですが、今すぐに何か出来るほどの力はありません。今は、少しでもよいニュースが聞けるように願うばかりです。


閑話休題。
ソースコードを貼ったときに見にくくなるので、ちょっとだけ改良。
今までの、投稿に適用して、見やすくなったはず。

それに使ったのが「Blogger Syntax Highlighter」という、行番号も表示される優れも。適用も簡単で使いやすそうなので、さっそく次のサイトを参考にやってみました。

クリボウの Blogger Tips:コードをハイライトする「Blogger Syntax Highlighter」ウィジェット

かなり簡単に適用できるんだけど、一つだけ問題が発生。

Bloggerがはき出すHTMLが汚すぎる(^_^;)
人が読むには向いてない・・・・・無駄にタグだらけ・・・・・

この難解なソースを解読すれば、あとは簡単。

適用したいコードを指定タグでくくれば、適用完了!